ハピネスは何かハピネスに通じるために必要なのは自分の考え方一つではないのか

運は何なのかを歳を重ねるにつれて意識をすることが増えてくる。
その突破口は何かハードルにぶちあたったステージ、ヤバイ惨事に見舞われたステージ、又は運そうな方を見たステージなど
人によって十人十色だと思いますが、何か今の自分の体型に物足りなさを感じた状況です。
生きるか死ぬかの現代であれば、運ということを策する空間はありませんでした。
つまり言い換えれば生きているだけで運であったのかもしれません。
ただし現在の安全にまみれたこの時代であれば食べ物も簡単に手に入り、よっぽどのことがない以上死の危険も映ることもないでしょう。
こうした現代であるからこそ、最近俺は運に生きていられるのかといった贅沢なリスクが生じるのであると思います。
こういったリスクが生じる時点で生きるか死ぬかの時代に通じるによって甘えた着想になっていると言えます。
ますますお金がほしい、もっといい自宅に住みたい、尚更美味しいものが食べたい、嫁入りが狙う、人から敬われたい等々、今の自分にないものに姿勢を充てる結果物足りなさをもらい、それが今ボクは運でない、惨事だと思い込んでいるに過ぎないのです。
前述申し上げた二度と上述を目指すドリームや着想はそもそも通じるのに必要なのか、その意欲満たされただけで運に生まれ変われるのでしょうか。
人間の思惑には限度がなく、とある渇求が満たされてもいかにも次のヤキモキが出てくるでしょう。
ですからもう満たされたいって願い続け今の自分に足りない物質ばかりに焦点を当てるのではなく、今自分の抱えるものに焦点を当て昨今に上出来をする結果運になれると言えます。
運は先にあるものではなく、今すぐにでも決断をかえるだけで生まれ変われるのではないでしょうか。http://www.worksopminerswelfareband.org.uk/